不自然な自然


“ありのまま”を写したものこそが写真だと言われることがある。

もしくは、“何を写したのかを相手にも分かるように伝える必要がある”とも。
何を写真と定義づけるかは人それぞれだが、カメラのファインダーを覗いてシャッターを押し、そこで写った像は写真以外の何者でもない。
そもそも“ありのまま”という不確かな概念を他者から押し付けられなければいけない覚えはない。


記憶の中の景色はとても不確かだ。景色を見ているそばから忘れていく。
撮影者も鑑賞者も等しく、目の前に広がる景色のうち数パーセントしか記憶に残っていない状態を前提として写真や絵画で風景を提示された時、その景色をありのまま(自然)と感じるかもしれないし、そうではない(不自然)と感じるかもしれない。
ただ、作品として可視化された時には観客は元の景色を知らないし、全く同じ景色・現象は二度と現れないのだから、誰を相手にしても証明のしようがない。

それぞれの脳内で記憶を元に想像の増幅を繰り返し、そこで純度の高い記憶の中の景色がいつの間にか出来上がっている。


このシリーズの被写体は世間一般では“自然”と呼ばれるものである。
山や森の中で光が差し込み、空が抜けて見える場所から真上を見上げて多重露光でシャッターを切っている。
つまり木々の枝葉越しに見える空と光が被写体なのだ。
風や雲、日の傾きで刻々と状況が変わり、その変化しづつける景色を重ねている為、二度と同じ写真にはならない。
肉眼で見た景色とは全く違うが、確かにその日その時に存在していた景色・現象であることには違いない。

そして、従来私たちが”自然”と解釈しているものの多くは、実は人工的に造り出したものかもしれない。
自然(ネイチャー)だと思われている森も、人が手をかけて整備して人工的に作り出されたものであり、自然(ナチュラル)ではないということになる。
カメラというテクノロジーに頼った不自然な写真である。
そう考えると見たままの景色(自然)も、感じたままの景色(自然)も、自然ともいえるし不自然ともいえる。

シャッターが下りるまでの数十分の一の僅かな時間を切り取ったこのシリーズは、一見不自然だと見られるかもしれないが、自然(ネイチャー)を被写体にした自然(ナチュラル)な写真なのである。



Unnatural nature



It is said that if photograph is not taken “as it is”, it is not photograph. 

Also, people said “you had better to tell others what you take.”
Each people can define what photograph is. However, if you press the shutter release button looking finder of a camera, there is nothing other than a photograph.
To begin with, it has no right to be pressed uncertain concept of “as it is” against the others.

The scenery in memory is very uncertain. It repeats looking & forget about scenery.
When a scenery, photograph or painting, is presented assuming that only a few percent of the scenery spreading in front of you is remembered, both Photographers and Viewers may feel the scenery as it is(natural) or not(unnatural).
However, the audience don’t know the original scenery when it was visualized, and perfectly same scenery / phenomenon never appears, so there is no way to prove it to anyone.

The memory in each brain repeat the amplification of the imagination, and the completed scenery is also a scenery in high-purity memory unnoticeably.


The subject of this series is called “nature” in general. From where Light enters in the mountains and forests that the sky can be seen, I look up directly and release the shutter with multiple exposure.
In other words, the sky and light seen through the branches of the trees are the subject.
The situation changes every moment due to the wind, clouds, and the inclination of the sun, and because the scenery that changes constantly is superimposed, it will never be the same picture again.
Although it is completely different from the scenery seen with the naked eye, it must be the scenery / phenomenon that existed at the time & day.

Many of what we have traditionally interpreted as “nature” may actually have been artificially created.
Forests that are often thought of as nature are artificial and not natural because they are maintained by people.
It is a photograph that depends on technology of camera.
Both the scenery as it is seen (nature) and as it is felt (nature) can be said to be natural or unnatural in thinking so.

This series that was cut a time which few tenths of a minute before the shutter was released may seem unnatural at a glance, but these are “natural” photographs of subjects as “nature”.